借金減額 無料相談で心が変る窓

無料相談をネットで行う場合と街の法律相談所に出向いて相談する場合の違いは、相談の時間の違いです。ネット無料相談では何度でも相談は無料なので、納得して債務整理を行う事ができます。

街の法律相談の場合、法律事務所に直接出向いて対面で相談ができるので有効な面もありますが、相談時間が一人30分までと時間を制限されてしまっていたり、時間に応じて料金が発生してしまう法律事務所も中にはあるようです。

  • 対面相談が苦手な方
  • 余計な出費を払いたくない方
  • 近所の法律事務所は知っている人にバレそうだから嫌

上記のような方にネットの無料相談は向いています。しかも全国対応なのでどこに住んでいても債務整理専門の相談が受けれるので、安心して相談ができるのもメリットの一つといえます。無料だから何か裏があるんじゃないの?

とか、きちんとした会社を紹介してくれるか不安などということも脳裏に浮かぶでしょうが、実績があるので安心して無料相談できます。

サラリーマンの無料借金相談

サラリーマンで借金して返済が苦しい方、働き盛りで返済の事なんて二の次になっている方も多いのではないでしょうか?

借金をした理由は様々ですが、借金返済が苦しくて相談するところは1つです。ここを抑えておけば忙しいあなたに変わって変わりに最適な法律事務所を無料で紹介してくれます。

→その実績はこちらから・・。
 
法律の知識がなくても簡単な入力をするだけでいいので後は回答が出るのを待つだけ。後は自分にあった法律相談所をいくつか同じ要領で探せば借金は最短で解決できます。

街角法律相談所がなければ、気軽に弁護士や司法書士にコンタクトをとれる機会もなかなかないので、ここは使わないと自分で労力をかけるよりも、よっぽど効率よく弁護士を紹介してくれるので無駄はありません。

イラスト債務整理はしたいと思っているけど、弁護士事務所に行く時間もないし、だれかに見られてそうで事務所に足を運びたくないわ~。どうせ高い報酬金を課せられるんじゃないの?
イラスト法律事務所によっては面談が必ず必要なところと、足を運ばなくても正式な依頼が可能なところもあります。無料相談から正式な依頼まですべてインターネットで完結できる事は今の忙しい世の中を生き抜ている人にとっては最低条件といえそうですね。

報奨金もとっかかりは安いと感じても最終的に高いということもあるので、着手する前に料金をざっと説明してもらっておくと他社との比較にもあるので是非確認しておきましょう

不倫の慰謝料が小遣いで払えないので妻に内緒で借金!

妻に内緒で借金していました。借金をした理由は不倫相手に慰謝料を払っていた事でした。妻と結婚する前から数年間付き合っていた女性へ慰謝料を支払続けてきましたが、小遣いだけで支払いができなくなったので、借金をして慰謝料を支払い続けましたが、それもむなしく借金返済ができなくなってドン詰まり状態です。
奥様にはバレていない状況ですか?バレていないことを前提に話を進めると、奥様に内緒で債務整理は可能です。
内緒で進めるにあたっては弁護士や司法書士に家族に内緒である事を最初に伝えておく必要があります。
債務整理のやり取りは書面でのやり取りがあるので、自宅に書類などが送られてくることがあります。そういう初歩的なところでバレてしまわないように細心の注意をはらっておくことが大前提になってきます。

イラスト債務整理をするとなると、今後借金は数年間できませんので、債務整理以前に慰謝料の支払いができなくなるということになります。慰謝料を払うに至り弁護士などを通している場合には、必ず支払ができなくなった旨を債務整理をする前の段階で相談しておきましょう。

債務整理すると賃貸って住めなくなるの?

 結論

債務整理をしたからといって賃貸を出ていかなければいけなくなったり、賃貸が借りれなくなってしまうということはありません。

 理由はコレ

家主や不動産会社は個人の信用情報を調べる資格がないので調べたくても調べられません。あくまでも申し込み書から判断するしかないのです。なので債務整理後に引っ越しする場合、入居を断られてもそれは債務整理が理由であるものではありませんので悪しからず。

賃貸を借りることはお金を借りる行為ではないため、住む場所を失ったり、債務整理後に追い払われることもないので安心してください。もちろん契約更新についてお同様の事が言えます。債務整理中でも家賃だけはしっかりと支払うことを心がけておけば何の問題もありません。

債務整理の申し込み

債務整理の概算費用を知って気持ち

債務整理の費用を知っておくのと知らないのでは全然違ってきます。債務整理は借金を抱えた方がするものなので、お金がなくても支払いがきちんとできるような仕組みが整っているので心配はいりません。

弁護士さんに依頼するなんて高くて自分は無理!と決めつけるのはまだ早い。以下の金額を参考にしてみてください。

■任意整理の費用について(貸金登録業者からの借入の場合)
1社あたり・・・40000円前後

■自己破産の費用について
同時廃止の場合・・25~万円
少額管財の場合・・35~万円
法人破産の場合・・60万円~

■個人再生の費用について
30~万円(住宅ローン条項なし)
45~万円(住宅ローン条項あり)

上記はあくまでも大体の目安です。依頼者は借金している方ばかりなので、分割払いにももちろん対応してくれます。借金返済できなかったけど、せめて弁護士や司法書士さんに支払う金額くらいは延滞しないようにきちんと支払いたいものですね。

まずは相談はこちらからどうぞ。もちろん無料です。

おまとめローンの罠を知って債務整理と比較検討

おまとめローンを検討比較している方が絶対に知っておくべき情報と注意点をまとめました。複数社からの借り入れがある方が一般的に考えるのがこの「おまとめローン」でしょう。しかし安易に考えてしまっていませんか?あなたも罠に引っかからないようにしっかり読んで現況把握に役立ててください。

 おまとめ(債務の一本化)とは・・複数の借金をまとめること。金利と毎月の負担を少なくしてくれるローンです。総量規制の上限まで借り入れている方でも消費者金融などのおまとめを利用でき、他社の債務もまとめて返済が可能。
一見、絶対おトクと感じますが簡単なものではない!!!

大前提なのが審査に通らないかもしれません。審査に通らない可能性として、

★他社の返済が滞っている(ブラックリスト入りしている)
★年収がおまとめに見合わない場合
★審査内容に不備または故意な間違いがある場合
★多重債務者の審査

おまとめローンは絶対にした方がいいと考えている方が多いので、必ずしもそうとは言い切れないのです。

おまとめで今より金利が高くなってしまう

100万円未満の場合おまとめを消費者金融でする場合、金利18%が適用されてしまう。
消費者金融でおまとめをする場合、100万円以上の借入に適用される金利は上限で15%であるのに対し、100万円以下なら18%が適用されてしまう。では銀行でおまとめを考えるでしょうが、金利は度程度かもしくはやや高めになるでしょう。

金利が高くなる→支払利息が増える→返済総額が多くなってしまう→結局損する

金利が低くなる場合でも返済総額が多くなると意味がない

金利が低くなったらOKではありません。結局毎月負担する額が減る分、支払利息を長く支払続ける事により結果、総額でみると損をしているケースがよくあります。

おまとめ詐欺に注意

複数借り入れしていることが何等かの形で情報が流出すると、おまとめ詐欺に合う可能性があります。自宅に届くおまとめDMは安易に考えるのはやめましょう。
これは債務整理でも同じことが言えます。法律相談所を装ったDMやメールが資料請求してもないのに届くようであれば、無視しておくのが無難です。

ここのサイトで紹介している街角法律相談所は安心と実績のある会社ばかりを集めているので詐欺のようなことはありません。安心してシュミレーションできるので、
債務整理の方が自分にとって有利であればリンクから進んでみましょう。

→街角法律相談所の無料シュミレーターはこちら

借金の悩みを匿名で無料相談できるところ

イラスト借金の悩みを匿名で無料で相談できるところはインターネットサイトの街角法律相談所です。ここは借金解決率が80%の実績を誇る実績があり、ここを選べば自分でいちいち探す面倒もなくいくつかの事務所にまとめて相談できるので手間を省けます。全校対応なので日本のどこに住んでいてもこのサイトから相談が可能なんです。

借金の悩みはなかなかオープンに相談できないものです。しかし一人で悩んでいてもなにも解決には至りません。行動に移さなければ借金返済に苦しむどころか、長期にわたって借金を抱えた生活は何のプラスにもならないのです。
実際街角法律相談所で相談した方の借金減額の実績を見るとあなたも必ず債務整理しか道はないと感じるでしょう。

借金減額例
42歳(主婦)280→180万円
35歳(会社員)670→140万円
55歳(会社経営)2600→0万円
26歳(OL)150→0円(過払い金返金50万円)

自分では気づいていない借金の減額がどれほどの救われることなのか。実際債務整理をするとしないではその後のライフプランも変わってきます。過払い金で家族旅行に行った方、親孝行できたなど債務整理したおかげで今までしてあげれていなかった夢を叶えている方もいます。

あなたはそれでも借金しますか?それでも借金し続けますか?

借金を順調に返せている方は問題ありません。収支のバランスがちょうどよいということです。しかし、返済ができなく困っているとか、完済が見えないなどという場合は債務整理が一番早い解決策である事は間違いありません。

今後債務整理を考えている方は間違いなく早い相談が今後のあなたの将来を変えるといっても過言ではありません。まずは3分間の借金返済のシュミレーションを試してみましょう。

→まずはシュミレーションはこちら

夫(妻)の借金を配偶者は返済しなくていい

夫や妻が借金して、業者は配偶者のどちらかが返済しろと言われますが、返済義務はるのですか?
保証人や、連帯保証人になっていない限り原則配偶者の借金を支払う義務はありません。
夫(妻)がサラ金は信販会社から借金しても妻(夫)は保証人としての責任を追うことはありません。
例外
夫や妻の借金が日常の家事に関して行われた場合、夫婦が連帯して責任を追う。というものがあります。これは「日常家事債務」と呼びます。
「食料品・衣料品・家具調度品などの生活必需品の購入費や家賃や光熱費、家族の医療費、子どもの養育費や教育費、家族旅行など収入レベルに応じた語楽費などを指します。

しかし大体のサラ金からの借金は日常家事債務に入らない。ことが多いです。

自分の借金が日常家事債務に入るかどうかを知りたい場合はこちら

保証人になってしまっている場合には、離婚しても借金返済の責任を追うことになります。
従っていかに保証人になるという事の責任の重さを感じたかと思います。

嘘が前提の旦那の借金に疲れたら

 旦那は結婚する前から私にずっと嘘をついて借金してました。使用用途はギャンブル、浮気、おごり癖、見栄、転職癖などです。それでもまだ車が欲しいといっていますが、借金が返せていません。2歳と0歳の娘がいて妊娠もしているので離婚はすぐにはできません。旦那が生活を改めてくれる方法はありますか?

世の中の男性は大きく分けて4通り。
■貯金している男性。
■貯金してなさそうでしている男性。
■借金してそうでしてない男性。
■借金まみれの男性。

 あなたの旦那様は借金まみれの男性です。選ぶ男性によって女性の人生が変わるといっても過言ではありません。しかし、結婚してしまって発覚した借金は子どもの事を考えると離婚できない女性がいます。まずは債務整理することで生活改善しましょう。

解決策は一つ。債務整理をして改心させることです。とは言ってもすぐには債務整理のための相談に足が向かないと思うので、ネットの無料相談で相談して奥様が連れていく方法を選びましょう。ここでポイントですが、夫婦でも旦那さんの借金を肩代わりする必要はないので安心してください。

債務整理をして借金を解決できたとしても、あなたの旦那さんの場合、借金を繰り返してしまう危険性がある事も弁護士に相談しておきましょう。人生設計を考え直すきっかけに債務整理がなるように奥様もココは鬼になりましょう。

→無料で匿名相談が安心してできる街角法律事務所はこちら