債務整理で弁護士を選ぶ基準はありますか?

債務整理を考えています。弁護士を探さなければ始まらないのはわかるのですが、弁護士をどのような基準で選べばいいかがわかりません。
インターネットで、一部悪質(利益最優先の弁護士)な弁護士が存在することを知り債務整理することを迷ってしまっています。
また、弁護士に依頼するのか司法書士に依頼するのかの違いも教えてください。
債務整理をするにあたり一番重要なのが信頼できる経験ある弁護士事務所にお願いすることです。
では、信頼できる弁護士とは?ということを以下にまとめてみました。

弁護士を選ぶ前のポイント

  • 債務整理の実績や経験がある
  • 適正な料金が明示されている
  • 親身に依頼者の話に耳を傾けてくれる
  • 秘密を守ってくれる
  • 不安に思っていることはないかを確認して次のステップに進んでくれる

上記のポイントに当てはまる弁護士はまず安心して依頼していいと言えます。
また一度依頼した弁護士を変えたい場合、依頼人が自由に変更することが可能です。弁護士はそのことに干渉する権利は持っていません。ただ弁護士は着手金等の返済義務もありませんので、解任する場合お金は諦めなければいけません。

弁護士に依頼すべきか?司法書士に依頼すべきか?

簡単に言えば債務総額が140万円以下の場合認定司法書士に交渉代理権、簡易裁判所における訴訟代理権が認められています(2003年の司法書士改正法にて)。司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみに限られているので地方裁判所などでは弁護士にしか訴訟代理権が認められていないので弁護士に依頼するようになるでしょう。

イラスト

■費用の相場■

司法書士の場合、着手金が発生する事務所は多くありません。基本報酬費用が発生しない事務所もあります。しかし、費用のみを重視してしまいがちですが、一番大切なのは最後まで親身になってくれる専門家に依頼することですので、費用だけで決めてしまうようなことは控えましょう。

どこに相談したらいいかわからない方

債務整理相談をどこに相談していいのかわからずに、日々借金の悩みを抱えていらっしゃる方は不安で仕方ないと思います。信頼できる弁護士や司法書士のいる法律事務所を探す事に労力を使わないで自分に合った専門家を見つけることができるサイトを知っていますか?

それが街角法律相談所無料シュミレーターです。

このサイトは匿名で複数の専門家から借金問題の相談を受けられる総合比較サイトですので、時間がない方でもパソコンやスマホで相談が簡単にできます。

質問事項にも丁寧に答えてくれますので、借金している自分を恥ずかしいと思わず気軽に相談が何度でもできるので安心です。

多重債務から脱出した私の方法

多重債務で膨らんでしまった借金はできるだけ早く返済しなければ、利息が膨らんでしまい返済難しくなってしまいます。
返済方法はいくつかありますが、私が返済した方法は以下の通りです。

金利の高い借入先の返済を優先的に行う

金利が高い借入先は早く完済してしまいたいですよね。おまとめローンを利用して一括返済をしておきましょう。おまとめローンは総量規制対象外というのが一般的ですので金額に関係なく借入可能です。
無利息期間のある借入先を選べば利息を気にすることなく借りれるので、借入先を探している場合は候補にしておきたいですね。

おまとめローンの注意点

  • 借金返済を延滞したことがある
  • 借金を遅延している
  • 過去に返済を何度か遅れた

上記のような場合、おまとめローンの審査に落ちてしまう可能性があります。できるだけ多重債務に陥っていても滞り返済していくことが大切です。
審査で返済能力がないとみなされてしまうと審査に落ちてしまいます。

借金生活が長い方・・・おまとめローンで完済を目指す場合、グレーゾーン金利時代の金利まで支払うので結果的に債務整理をした方が借金の総額を減らせる場合もあります。

債務整理で完済を目指す

債務整理で自己破産という債務整理方法がありますが、自己破産した場合は税金等を除く全ての債務を支払う必要がなくなります。しかし保証人がいる場合などは借金の支払い義務が保証人になるので迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

債務整理をする場合、個人信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として残ります。要は新たな借入が一定期間(5~7年)できなくなります。また債務整理の方法によって官報にも掲載されます。
官報は一般の人のめに触れることはまずないので影響は少ないと思っていて問題ないでしょう。

債務整理とは

債務整理で元の生活を取り戻す

債務整理をすれば取立てや督促状が来なくなるので平穏が戻ります。弁護士や司法書士が着手した時点で取立てがストップするので、家族に内緒で借金している方などは最適な手段と言えるでしょう。
また家族に内緒で債務整理をしたい場合なども徹底的に依頼者の味方になってくれるので安心して任せられる配慮は万全だと思っておいていいでしょう。

多重債務で返済の目処が立たない。そんな苦しい状況にある方も救われる道は残されています。あなたのような多くの多重債務者が債務整理をしてよかったと答えています。

無料相談でまずはあなたの借金を相談してみませんか?

街角法律相談所なら不安なことも丁寧になんでも相談していただけます。相談は何度でも無料なので気軽に相談したいですね。

街角法律相談所(無料)

お急ぎください|過払い金請求の時効が近づいています

既に借金の返済が終わっている方で過払い金請求をしてない方は急ぎましょう。消滅時効時期が近づいている可能性が高く、時効時期が過ぎてからの請求ができないので相談だけでもしておきましょう。

 過払い金請求で戻ってきたお金は税金の対象にはならないので自由なお金です。お小遣いにするのもへそくりにするのも自由です。

過払い金は完済してから10年経過してしまうと時効扱いになる

過払い金が発生しているのは2007年以前の借金に関しての利息に関して言えることです。2010年に貸金業法が施行されグレーゾーン金利が禁止になりました。以後新規契約は法定金利内での貸付になっているので過払い金は発生しません。

 実際多くの貸金業者は2007年前後から自主的に金利を下げていった背景があるので100%過払い金が発生しているとは言い切れない現状もあります。

あなたの借入期間はいつごろでしたか?

  • 2007年以前から借入がある場合・・過払い金が発生している可能性大
  • 2007年~2010年に借入があった場合・・過払い金が発生しているかは請求してみて確認
  • 2010年以降から借入がある場合・・過払い金の可能性はありません

どちらかわからない時に調べる方法として、借入先から取引履歴を取り寄せしましょう。

利用明細があれば一番わかりやすいのですが、借金の利用明細を手元に残している方は以外に少ないようです。
自分でやるのは面倒という方は過払い金が発生しているかどうかの確認を司法書士に依頼するのは無料なのをご存知ですか?

過払い金が発生していない場合には費用は発生しないので、一度相談してみるのが一番手っ取り早い方法と言えます。

過払い金が発生していた場合

司法書士に依頼して過払い金が発生している場合は、取り戻す手続きをお願いしましょう。司法書士に払う成功報酬なども詳しく教えてくれるので最終的にするかしないかは自分が決めればいいのです。

→過払い金請求の徳栄無料相談はこちらからできます

借り入れ審査に落ちた人の為のローン

キャッシング借り入れ審査に落ちた人の為のローンを探している場合、自分がなぜ審査に落ちてしまったか?

理由を知れば借りれるか借りれないかが見えてくる

あなたに当てはまるものはいくつありますか?

・既に複数社からの借金がある
・返済期日に間に合わないことが過去にあった
・総量規制対象の範囲を超えた。あるいは超えそうな借金が既にある
・転職回数が多く働き出して間もない
・無職だ
・債務整理をして5~7年経っていない

これに当てはまる方は審査に落ちている可能性が非常に高いです。新たに申し込みをしても審査に落ちてしまうのは当然のことなのです。

借金返済の為に新たな借り入れ先を探しているようであれば、ほぼ審査に通らないのは確実と言えます。もちろん返済能力があると審査で判断されれば借りることは可能です。

債務整理すれば取り立てや督促がストップする

返済の為の借り入れ先を探している方

利息しか返済できていない場合、苦しい返済状況にあると思われます。借入先審査に落ちて途方にくれてしまっているなら、債務整理のタイミングと言えます。債務整理は借金の返済が苦しくなってしまった方を対象に借金額に関係なく法的に救える手段のことです。

こんな不安はありませんか?

・債務整理したいけど新たな費用がかかるのはちょっと…。
・おまとめローンの申し込みを検討しているが落ちてしまうと後がない
・債務整理をして家族に借金がバレてしまいそうで怖い
・自分で作った借金は自分で最後まで返さなけれという責任に支配されてしまっている

イラストこうした不安を抱えたまま借金が増えて行く日々を過ごすのは時間の無駄です。

債務整理の無料相談に相談すれば悩んでいた事を専門家が丁寧に教えてくれます。ひとりで解決しようとせずに専門家の手を早い段階で借りましょう。

月々の生活費に困って借金するのはもう勘弁

毎月の生活費が足りずに借金を繰り返す日々。ATMで自分の口座から下ろしているようなフリした借金を重ねています。その一瞬は現金を前にしての安堵感と、借金を返済さえしていれば問題ないという強気な気持ちでいられるのですが、返済日が近づくと借金をしてしまったことに後悔してしまいます。
借金しないと生活が成り立たない自分に腹が立つ一方で、見栄を張ってしまう生活が災いし今の生活から抜け出せずにいます。改善方法がありますか?
家計を改善するような抜本的な対策を考えたことがありますか?
生活費の借り入れというのは借金のなかでも前向きな借金とは言えません。短期的な物事の考え方を考え直す必要があります。生活費の総額が借金も含めての総額になっているようなので、借り入れをしないと成り立たない家計になっているのが問題です。
  • 見栄を張らない
  • 周りと自分を比べない
  • 本当に必要なものか購入前に自分に問う

お金がありそうな人ほど実は節約家?

高所得だからといってお金持ちとは限りませんし、人が見ていないところで節約している人が案外お金持ちだったりします。身の回りを着飾っている人が必ずしもお金持ちとも限りません。
大切なのは、借金をしなくても満足度の高い生活をして行けているかどうかです。そのためにはどこかで節約し必要な場面では使うというようなメリハリがとても大切です。

生活費の不足を甘く見ない

今はまだ借金が返せていけているようですが、これ以上借金の額を増やさないようにしましょう。返済が苦しくなる時が来たら早めの債務整理をして、生活を見直す必要があります。短期的な生活志向を見直し、長い目で見たライフプランの改善をしていく必要があります。

債務整理を考えているならこちら(無料です)

多重債務に陥らないために

多重債務は自分とは無関係と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし大元の仕組みによる多重債務に陥ってしまうパターンもあるので、多重債務になる可能性は全員にあると言えます。

多重債務になるしくみとは?

◆一社からのみ借入している→順調に返済できて完済予定である(多重債務になる可能性は低い)
◆一社からの借入とクレジットカードの支払いが滞ってしまいそう。次に借りるところを探している(多重債務に陥る典型的なパターンです)

街には消費者金融会社や銀行系カードローンが溢れています。そんな環境で自分の収入以上の借入をしてしまうことが安易なのです。返済が間に合わないので新たな借入先を探す。しかし大手の消費者金融の審査に落ちてしまうと、規模の小さいマイナーなところでしか借りれなくなってしまうのです。

これは、

大手消費者金融

中堅消費者金融

闇金

というこの流れには逆らえない仕組みになっているからなのです。

どこで自分の借金に見切りをつけるか

債務整理を実際に下が口を揃えて言うのは「もっと早く債務整理をしておけばよかった」ということです。はやくすればその分早く楽になれるということです。

自分が作った借金は自力で返済しなければ!と返済に躍起になっている方がほとんどでしょうが、ここではそれよりも債務整理したほうがいいことを説明しています。

債務整理の申し込み

女性が陥りやすいマネートラブル|借金編

女性が陥り安いマネートラブル(借金編)では、女性ならではの出費と長期的なリスクを考えておかなければいけません。
人生を楽しみながらマネートラブルを避ける方法があります。

自分へのご褒美費用が働き女子の20代では10万円超という結果

年代に応じて20代の金額がトップで、次いで子育てが終わった50代が7万円代、子育て真っ只中世代は極端に少ない20代の半分以下という結果に。
女性は自分へのご褒美以外にも美容関連の費用が男性に比べ圧倒的に高いのです。

借金またはローンをして美容にかけるという女性も多いのですが、注意が必要なのは自分の欲を満たす為に美容関連費用以外にも質の高いものを手に入れたい欲求に見舞われてしまうことです。

ネットで素敵な商品や買いたいと思う商品の情報が溢れています。しかもオンラインストアですぐに買えてしまうので、自分の身の丈に合った買い方をしなければ借金生活に陥ってしまいます。
女性の借金相談件数が増えている

クレジットカードの支払いは借金だと思うこと

オンラインストアの場合クレジットでの支払いが主流ですが、常に一定額以上のクレジットカードでの支払いがある場合(リボにしている場合なども)、借金しているという意識が大切です。

特にリボ払いにしているという方もいると思いますが、キャッシングと同等の利息がかかるという意識が意外にも少ない方が多いのです。
その結果様々な支払いに追われ支払いが滞ってしまうということになりかねないのです。

女性の債務整理が多いのも他人事ではありません
  • 買い物が好き
  • 流行しているもので身につけたい
  • 自分へのご褒美の支出が多い
  • イイモノ志向

芸能人が持ってるものと同じものが欲しいという志向や周りと自分とを比べてしまうような女性は出費傾向にあります。
正直支払いに苦しいし、誰に相談していいかわからないという方は、無料で相談できる街角法律相談所に気軽に相談してください。自分で解決するより専門家のアドバイスを受けて賢いお金の使い方で後の人生を楽しく過ごしたいですね。

忘れてはならない過払い金相談

過払い金請求は以下のような方が対象です。クレジットカードのキャッシングも対象です。

 完済済み
利息制限法の制限を超える高金利での借り入れをして既に完済した場合、必ず過払い金が発生しています。
 返済途中
利息制限法の制限を超える高金利での借り入れをしてまだ返済途中の方。
イラスト利息制限法の基礎知識
一定の利率を超える利息を制限し、高利の取締を目的とする法律。2006年の貸金業法改正前までは多くの貸金業者が、出資法の旧上限金利(年29.2%)と利息制限法の上限金利(年15~20%)の間(グレーゾーン金利)で貸付を行い問題視されていた。その後2010年に貸金業法の改正が完全施行され、出資法の上限金利は20%に引き下げられてグレーゾーン金利は撤廃。

この期間中に借り入れをしていた方は過払い金が発生しているか相談してみましょう。
→無料相談はこちら

■過払い金請求のメリット■
払いすぎた利息が戻ってくる
完済済みの請求であればブラックリスト(個人信用情報機関)に登録されない
■過払い金請求のデメリット■
完済後10年までしか過払い金請求ができない
返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう
過払い金請求を依頼した消費者金融またはクレジットカード会社から二度と借りることはできない

完済後10年という時効があることを知らない方も多く、完済している方は借金をしていた過去の記憶として思い出したくないという想いもあると思います。

しかし、もしかしたら?とかたぶん過払い金発生しているだどうなと感じている方は、過払い金が発生している方のみ料金が発生するので、相談だけは試しにやってみて損はありません。

親の借金相談

親の借金があるけど、どこに相談したらいいのかわかりません。子供である自分や兄弟たちがその借金を肩代わりする余裕もないのですが、そもそも親が作った借金を子供が面倒見なきゃいけないという責任はないですよね?
親の借金を子供が借金を払う義務はありません
基本的に借金返済義務はお金を借りた本人と保証人だけです。親の保証人になっていない限りは、借金返済義務はありませんので取立てなどに困っている場合でも強気に断っても問題はないわけです。
親が勝手に子供を保証人にしていることがある
「契約書の保証人欄にあなた(子供の名前)が書かれている」と貸金業者に言われても、あなたは保証人になることを同意していないので責任はないのです。

親の借金で困っているなら、すぐ債務整理相談をしましょう。早く債務整理すればその分具体的な解決法も見えてきます。

→無料相談でまずは状況を把握しましょう

親が借金をしているのに亡くなってしまった場合は相続により返済義務が発生す場合があります

相続と言うと遺産相続という言葉はよく聞きますが、これに資産と負債の両方を相続するという考え方です。

家や不動産などの資産だけではなく、借金(マイナスの負債)も相続されてしまうのです。資産がないけど借金があるという場合は遺産放棄という形を取れば借金を受け継ぐことはなくなります。

その場合は、必ず親がなくなった3ヶ月以内に相続放棄の手続きをしてください。3ヶ月が経過してしまうと相続したとみなされてしまうからです。

個人再生債務ドットコム

個人再生で債務整理を考えている方、個人ならだれでもできるというわけではありません。

  • 住宅ローンなどを除く借金の総額が5000万円以下であること
  • 将来において一定の収入が入ってくる見込みがあること

※返済期間が原則として3年の分割払いとされていますが、特別な事情があれば5年を超えない範囲で延長が可能です。

 2種類の手続き方法があります

■小規模個人再生■
債権者の積極的同意を要する個人再生手続きのこと
公務員・サラリーマン・自営業者・パート・アルバイト・フリーターが対象です。
■給与所得者等個人再生■
債権者の同意を要しない個人再生手続きのこと
サラリーマン・パート・アルバイト・フリーター・公務員年金・恩給受給者が対象です。

債務整理-民事再生とは?

 個人再生と民事再生との違いについて
個人再生は民事再生を個人が使えるようにしたもの(簡易化したもの)です。個人再生は民事再生に比べて手続きが簡単です。