個人再生した後車のローンは組めるのか?

個人再生(債務整理の種類のひとつ)した後に車のローンを組みたいと考えている方はローンが組めない時期があることを知っていますか?

債務整理をすると5~7年間は車のローンに限らず、あらゆるローンが組めない状態になります。

マイホームも、車も、クレジットカードの新規申込も

全てが借金

という扱いになるので、債務整理後に何か大きな買い物をローンでしようと感がているならそれは不可能になってしまいます。

事故情報が消えるのは具体的にいつ?

事故情報(いわゆるブラックリスト)から消える期間は、いつブラックリストに記載されたかにもよります。指定信用情報機関の登録情報もそれぞれ違うので、

5年が経過して頃合を見て情報開示をしてみてください。

ただし、情報開示請求には手数料がかかることもあらかじめ頭に入れておきましょう。

【ブラックリストから消える目安】
任意整理 完済から5年前後
個人再生 完済から5年前後
自己破 免責確定から5年前後

事故情報を消します詐欺にご用心

ここ最近、

手数料を支払えば事故情報を消します詐欺

というのが後を断ちません。

自分は騙されないと思っていても、冷静で無いときには心理的にとても不安定です。

借金しているという弱みに漬け込む詐欺集団には自分で身を守らなければ、いいカモにされてしまいます。

債務整理をしなくても延滞が理由でブラックリストに載ります

後ローンを組めないことを心配して自力で返済して元本が減らないよりも、債務整理をして確実に借金を減らしていく方が人生の立て直しはスムーズになります。
5年ほどの借りれない期間は冷却期間として反省してください。

債務整理はこちらから相談(無料)できます

全てを手放すイメージの任意整理・・実際は?

全てを手放すイメージの債務整理・・実際は?自分の手元に何が残るのでしょうか?
【任意整理の場合】
 持家→残せます
 マイカー→ローン返済完済している場合、手元に残せます
もし、ローン返済中に車も債務整理に入れる場合、車は手放すことになります。

となると、車も家も残せる可能性は十分あるということです。ということは家族に迷惑をかける事もなく、
任意整理することができます。

 しかしここでポイント!

実際債務整理をすると、5~7年は信用情報機関に事故情報が残ってしまいます。
新たな借り入れができないこと、ブラックリストに載ってしまうことなどがあります。

もし、住宅をこれから考えているということであれば、審査に通らない可能性は高いといえます。
心配な場合は、一度個人信用情報を取得されるといいでしょう。

ブラックリストの正しい理解

ブラックリストに載ってしまうとどんなことになるのか?

1. 銀行、サラ金や信販会社から5~7年新たにお金を借りることができない
2.自動車や住宅、品物の購入の際、ローンやクレジッドが利用出来ない
3.返済が遅れるとカードの利用ができなくなり、新しいカードもつくれない

ブラックリストに載ったからと言って戸籍に傷がつくわけでもありません。年金ももらえますし、健康保険も使えます。運転免許も取得可能、免許の更新も問題ありません。住宅ローンなどを支払っていてもきちんと支払続けてけば問題ありません。

こう考えてください。

1のように一定期間お金を借りられないないことをプラスにしてください。もしこの期間でもお金が借りられるとなると、ちょっとした安易な気持ちから、簡単に借金生活に戻ってしまう可能性が十分あるからです。7年もすると借金をしない生活になれて正常な経済生活が送れる事になると思います。

債務整理|自己破産とは

債務整理-自己破産とは

自己破産とは、任意整理、民事再生を行ったとしてもまだ返すことができないほどの多くの借金を抱えている場合、地方裁判所に破産を申し立てて借金を帳消しにすることができる債務整理の方法のひとつです。一定の財産を手放す必要はありますが、自己破産を行うことで多重債務の苦しさから逃れることができます。自己破産は多重債務に陥った人々を救うための国がつくった救済法です。


メリットは借金が帳消しになること。弁護士に依頼した時点で借金の取立てがなくなります。同時に支払いも止まります。
デメリットは家や自動車など財産を手放さなくてはいけません。(ただし国産自動車の場合に限り初年度登録から7年以上経っていれば価値がないものとみなされ手放す必要はありません)
他には官報に載ってしまうこと。信用情報機関のブラックリストに掲載されるので約7年間クレジットカードを含む借り入れができなくなること。

 そして最大のデメリットは債務者が自己破産しても保証人には何の影響もないということ。保証人は債務者に代わって保障債務について追及されることになります。自己破産を行う場合保証人の事をよく考えて検討しておきましょう。