クレジットカードのキャッシングから始まるパート主婦の多重債務

パート主婦の多重債務者は増加しています。パート主婦が多重債務に陥ってしまう原因に生活費の補填があります。

節約してもどうしてもお金が必要になる時があります。そこで最初に利用するのがクレジットカードのキャッシング。特にリボ払いにしてしまっている方は毎月の費用が1万円から設定ができるので、低い金額設定していれば出費は抑えれます。

しかし支払いを後回しにしているだけなので利息とともに驚くような額になってしまうのでリボ払いは注意が必要です。

お店でクレジットカード払いができない事態に

(31歳主婦の体験)

ある日、お店でクレジットカードを利用して支払いをしようとすると、「お客様のカード使用できません」と言われてしまいました。「いやいや、さっきのお店で使えたしそんなことはないです」とイラついた感じで受け答えしてしまいました。結局その日は買い物をせずに帰宅しました。

帰宅して限度額を念の為確認してみると、限度額いっぱいまで使用していたのです。カード加入と同時にリボ払いに設定されていたようでその設定のまま利用してしまった結果限度額いっぱいまで利用してしまっていました。

楽天カードだったのですが、当時はポイントもつくし主婦でも審査に通りやすいと安易に考えていましたが、それは金生活の始まりでした。

その後、リボ払いの設定金額を1万円から5万円にして支払いをしようとしましたが、そうすると5万円の支払いが生活費を圧迫するようになってきました。そして自分名義で持っていたクレジットカードのキャッシング機能を利用して生活費を補填しつつ、支払いをしていました。

しかしクレジットカードのキャッシングの場合、金利は消費者金融の金利とほぼ同じで3枚のクレジットカードもすぐに限度額いっぱいまで借りてしまい支払いができなくなりました。パート主婦の場合クレジットカードのキャッシングの限度額は元々低く設定されているので、借りた割に負債は減らないという悪循環にハマってしまっていったのです。

この時点で旦那に話していれば解決策もあったのかもしれませんが、家計の管理は全て任されていたのでなかなか打ち明けられず旦那に内緒のままでした。しかも自分の為の買い物もクレジットカードでしていた後ろめたさもあって打ち明けられずにいました。

クレジットカードの支払いの落とし穴

クレジットカードの支払いはショッピングもキャッシングも月に一回です。

すぐに返済できる場合でも一ヶ月分みっちり金利を取られることになります。

お金を捨てているようなもの。

毎月支払い額をきちんとチェックし、支払い額調整していれば借金が膨らんでしまう前に対処できます。

遅払いを何度も遅延した場合には、一括で返済を求められることもあるので毎月きちんと支払いをしましょう。

クレジットのキャッシングで返済不能になった場合でも債務整理可能です

イラスト債務整理と聞くと消費者金融で借りた借金が対象と考えている方もいますが、それに限らずクレジットのキャッシングや住宅ローンなども債務整理できます。自分で判断はむずか引いところもあるので
専門知識のある弁護士や司法書士に任せてみるのも一つの手段です。

地道に支払いをすることもちろん必要ですが、支払いが困難になってしまっても他から借りて返済しているような場合は債務整理のをするタイミングですので、相談は早めにしておきましょう。

手遅れになる前にするかしないかで今後の生活が変わってきます。

債務整理で自分の借金がいくら減るか確認したい方はこちら無料です

リボ払いが多いと思ったら要注意!結婚前に借金全バレ

リボ払いが多いと思ったら要注意!結婚前に借金全バレ

リボ払いを使って支払している人は、要注意!!!。必ずツケが後に回ってきます。

結婚前に幻滅!
かなり大盤振る舞いな彼に、この人お金持ってるんだろなぁと思っていたら、実は借金していたんです!自分から聞くのが怖かったというのもありますが、貯金を切り崩したあとに、クレジットカードで支払をリボ払いにし、最後には消費者金融に手を出して返済出来なくなってしまっていたようです。

彼は大丈夫!って言っていたけど、本当は全然大丈夫じゃない状況で、このタイミングで借金が分かってよかったと思っています。

→クレジットカードの借金返済から解放される方法はこちら(無料)

リボ払い(クレジットカード)からの借金という流れは本当に最近増えています。これは、月々の支払が一定額に抑えられるというメリット以外には、自分を後で苦しめる方法でしかありません。これを理解していない方が多く、リボ払いを煤得られるがままに申し込んだら、後が大変!そんな方が増えています。具体的名金額としては、10万円の返済に1年もかかるということです。

リボ払い専用のクレジットカードは危険。せめてリボ払いではないクレジットカードを作り直すのが無難です。

リボ払いにするとこんなのが怖い
  • どの商品の支払いが終わったのかが分かりづらい
  • 毎月1万円返済コースは、月に1万円以上の買い物をすると返済が終わらない
  • 支払回数が増える割に借金が全く減らない

これにより借金が増えることによって、支払いができなくなり消費者金融で借金をするという連鎖に陥ります。まずは、光熱費はリボ場合をやめ、買い物も一旦ストップするのがいいでしょう。
それでも苦しいという状況であれば、借金の整理も考えたほうがいいかもしれません。苦しくなって支払に困る前に、状況判断のために借金の相談をするという、賢い使い方をしている人もいます。

洗いざらい借金をオープンにしていく

洗いざらい借金をオープンにしていく事が必要になってきます。

債務整理をする際に聞かれること「どういうところに借金がありますか?」という風に聞かれます。

この質問にサラ金や信販会社からの借金だけを挙げる人がいます。
しかし、以下のようなことを聞かれていると思ってください。

■銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫からの借金
■リボ払いで買い、まだ完済していない商品ローン
■誰かの保証人になっていれば、その保証額
■会社や友人、親戚からの借金
■滞納している家賃、電話料金、携帯電話料金、光熱費など

(これらを挙げる理由は、法律上、これらを滞納すると借金とみなされるからです)

 大切なのは債務整理で借金の全体像をつかむことが大切だからです。
全てをオープンにして自分自身に適した債務整理の方法を検討する必要があります。