個人再生はどんな人ができるの?

過去の記事で個人再生(自己再生)とは?ということを書きましたが、実際どんな人が個人再生(自己再生)な人なのかをまとめてみました。

個人再生すべき人とは?
個人民事再生によって借金を圧縮し、新たな返済計画を立てる方法のこと。

  • 安定的な収入はありますか?(サラリーマンの方に有利な債務整理方法)
  • 住宅ローンはありますか個人再生の場合住宅ローンは切り離して借金の整理ができます。マイホームを手放さなくていいのです!
  • ギャンブルで作った借金でも個人再生できる

しかし、もっと具体的に知る必要がある方は無料シュミレーションをして自分はどんな再生方法が一番あっているのかを確認しておきましょう。

個人再生の費用の目安だけでも知りたい

まず、
個人再生申立て金・・・1万円
予納郵券・・・数千円
弁護士報酬・・・30~50万万円

この金額高いと思いますか?安いと思いますか?もし過払い金が発生した場合差し引きするとこれ以上に費用が抑えられる場合もあるんです。債務整理の費用が払えないか銅貨を自分で判断するより相談した方がスムーズに債務整理(個人再生)に進めるかもしれません。迷ってばかりで前に進めないなら相談すると解決の糸口が見つかるかもしれません。

借金150万、お小遣いから返済できません

収入は結構あります。そのおかげで借金の融資額も多くて、ついつい借り過ぎてしまった結果、自分のお小遣いでは返済しきれなくなってしまいました。もちろん妻には内緒です。

こういった事例が結構あります。収入が多いのに、小遣い少ない人が多額の借金をするパターンです。妻に内緒で債務整理をしたいと思うでしょうがこの場合には、奥様の打ち明けて、債務整理するとともに早目に返済ができるように、お小遣い+返済金に回せれる額を算出してもらいましょう。

必要以上の借入を繰り返していくと、返済ができなくなるほど利息が高くなってしまう場合があります。内緒で借りるなら完済するまで内緒のままでいたいですが、債務整理の場合、内緒にできる限界もあるので、そのあたりはうまくやってくれる弁護士を地道に探していくのがいいかもしれません。

そして一人で悩んでいるなら、奥様に打ち明ける事も考えてみてはどうでしょうか?家族が借金に苦しんでいるのを知らないより打ち明けて一緒に返していくように協力してもらうのも手段の一つです。

最近ではネットで相談できる借金シュミレーションがあります。妻に内緒で債務整理をしたいと思うでしょうがこの場合には、奥様のに打ち明けて、もしかしたら過払い金が発生している可能性も考えられます。一度シュミレーションしてみるのがいいかもしれません。