マイナンバー 制度と債務整理

マイナンバー制度が始まると行政や会社、家族に借金がバレてしまうのではないか?

借金返済を優先するあまり税金を滞納している場合などは税金を滞納しないことを優先し借金を返していくことが重要です。

マイナンバーが10日5日から施行されました。運用開始は2016年1月から。マイナンバーの目的は脱税などの不正防止及び行政サービスの効率化を図るのが狙いだそう。

税金を払ってしまうと借金返済ができなくなる

今まで借金返済を優先して税金を滞納している方は債務整理をしてください。借金していても全ての支払いが滞りなくできている場合はマイナンバー制度の運用が始まっても借金がバレてしまう可能性はいまのところありません。

「いまのところない」と言ったのは運用が民間企業の手に渡っていないからです。これが数年後民間の運用が始まった時には動きを確認するようがあります。

内緒の債務整理を早めに行う

家族や会社に借金がバレてしまう可能性がないと断定できない以上、リスクヘッジとして債務整理をしておくのは手堅い手段です。
自分が内緒にしたくても制度上バレてしまっては自分も家族も悲劇です。

債務整理は様々な方法(種類)があるので、まずは無料の相談で専門家を探すといいでしょう。様々なアドバイスをしてくれてマイナンバーと借金の不安も解決してくれます。

家族に知られずに債務整理する方法

身内の援助では借金癖は治りません

債務整理をするに当たって、奥様が貯めていたお金全て借金の返済に充てるということを聞きます。

おくある話ですが、これは借金した人のためになりません

債務整理に来た夫婦が奥様に借金がバレてきたのですが、浮かない顔のご主人から後日電話があり、妻に内緒の借金がまだあるというのです!!

こういう事例結構多いです。後ろめたさから言えない状況を自分で作ってしまうんです。

借金を家族の誰かに援助してもらっても、借金癖は治らないのです。

返済の苦しみやお金のありがたさを知らずにきてしまったからです。

こういう方には敢えて、自分の収入の範囲内で返していくという債務整理方法も打診しています。そうでないと、必ず近いうちに借金してしまうのは目に見えているからです。

借金体質を治さないと一生誰かに迷惑をかけて生活するようでは大人とは言えません。厳しいようですが早目に相談することをお勧めします。