借金返済|遅延損害金の利率

返済期限に間に合わないと、「遅延損害金」(遅延利息)が発生してしまいます。

上限利率は利息制限法で20%と定められています。上限利率といってもほとんどの業者が上限いっぱいに遅延損害金を支払うように設定しているので支払いを免れることは不可能になります。

払えない場合、事前に連絡をしておけば支払日の変更に応じてくれるところもあります。

過去返済遅延をおこしている人は要注意

一度や二度の支払日変更には答えてくれますが、遅延の常連になっている場合支払日変更に応じてくれる甘い会社は少ないです。

遅延の常連になった場合は、最悪の場合一括返済をお願いされることにもなりかねません。

そしてもうひとつ、遅延常連者は他社で借りる際にも審査に落ちてしまう可能性もあります。いわゆるブラックにとして登録されてしまうこともあるので注意してください。

返済が3ヶ月ほど滞ってしまう場合

イラスト支払いが苦しい場合、債務整理という手段があります。テレビCMなどで宣伝しているので債務整理のことはなんとなく知っているという人も多いかもしれませんが、自分が実際債務整理をするかどうかはまた別の話という方。

なにも難しいいことはありません。

無料診断で自分の今抱えている借金がどういう状況にあるのかをシュミレーションで見てもらう事ができます。

活用しましょう。

無料シュミレーションはコチラ

債務整理|任意整理とは

債務整理-任意整理とは?

借金はできるだけ返したい。しかし利息までは無理というひとにおすすめなのが任意整理という手続きです。話し合いで借金減額。「示談」だと思うと分かりやすいかもしれません。

※裁判所などの公的機関を通さずに、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉して、借金額を圧縮することです。
現状の返済額では無理があるけれど、これから先、収入もあり借金を返していきたいと考えている人には最適な借金の整理方法といえます。

借金を大幅減額できる任意整理、その理由は

「利息制限法」と「出資法」という二つの法律が大きく関係してきます。
利息制限法とは、利息の上限を定めた法律で、10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と決まっています。これに対して、出資法では29.2%の利息が上限となっています。そして、たいていの金融業者は出資法を基準にしています。

◇余計な利息は支払わなくてもいいんです。

2つの法律の上限利息には最大14.2%の差があり、支払わなくてもいい利息まで払っている契約がほとんどです。任意整理はこの差額を計算して今まで払い過ぎていた金額を元金返済にあて、残りの残金を無理のない返済計画で分割で支払うというものです。

◇現実的な返済計画を立てることができる。

任意整理の手続きをとれば、ほとんどの金融業者が「以後の利息はカットする」という約束で分割返済に応じてくれる可能性があります。任意整理をおこなうと、将来の利息がカットされるので今まで全然減らなかった借金が数年で返せるということになるのです。